2004年10月30日

ここ数日は

何も考えないで
ただぼんやり過している

あまり眠れないけど
気分は悪くない



時々「利用されている」ような気がするけどね。。。


なんでこんな風に考えてしまうんだろう?
あたしだけが難儀をしているような気がする。
損をしている気がしてならない

あたしの物
あたしの時間
あたしの夢
やりたい事
沢山あるのに
そのすべてが
手の中から滑り落ちていくような・・・
奪われたような
吸い取られたような
気がする。


自分の物なのに
自由に触れないってどういうこと?


手を引いてくれる人はい〜っぱいいるのに
足枷が重すぎて上がれない感じ




我慢なんてしたくないし
嫌なことは頑張りたくない

好きなことだけして
笑っていたい




ただ 笑っていたいだけなのにな・・・

posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬

2004年10月21日

逃げ続けるも。。。失速

倒れ込む場所を探してる毎日に
いいかげん
うんざりしてきた



これは
ただの甘えかもしれない

我侭なだけかもしれない


そうだとしたら
もう
逃げ場所がない

posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬

2004年10月18日

このあり様

被害妄想が止まりません


責任転嫁すれば
その場の気は治まるのだけど
その後は決まって自己嫌悪

いつもと何も変わっていない

矛盾だらけで混沌としている


「ストレスをため込まないこと」


言うのは簡単だけど
あたしにとっては
すごく難しいことだ


思っていることを口にすれば
たぶん人を傷つける


でもその時は本当にそう思ったから言っただけのこと


「それを言っちゃぁ〜おしめぇよ」
ってなことをついポロリと
モロリと。。。




こんなんだから
自分の言いたいことを
飲み込む癖がつてしまった


言いたい事を我慢せずに言えたなら
ストレスを溜めずにいられるのか?


それは無理


きっと失うものが多くて
どっちみち 気を病むに決まっている


それなら・・・
言わないほうがいいだろう


ってことになる。。。
自分が我慢すればいいだけのことだ





「なんでも言って」「なんでも話して」
なんて皆、簡単にいうけどさぁ
本音だけでなんでもかんでも話しているわけじゃないでしょ?


「言わなきゃわかんないじゃない」
っていうけどさぁ
じゃあ あなたはどこまで話せてるの?
と聞きたい


いったい何処まで話せばいいの?


心の中の奥の奥のずーっと奥に潜んでいる
人間臭くてドロドロしたものまでみせろ!
というのか?


どんなに親しくても
全てを知ることなんて
ありえないわけだし



人との距離がわからないんだよね



仲良しごっこは気持ち悪いし






嗚呼
なんだか愚痴っぽいな・・・


やだやだ(;´Д`)ゲロゲロ









人の優しさをも踏み散らかす
あたしって

一体 何様なのかしら




posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬

2004年10月15日

初診。忘るべからず(長文)

予約を入れてから
永い永い2週間



予約を入れたはいいが

当日になってコントロール不能
もしくは全機能停止状態

にならなきゃいいけど・・・
と、物凄く不安で堪らなかった2週間



ここ最近のあたしはほんとひどくて

これまでなら時薬(ときぐすり)でなんとか・・・
時間が経てば持直せていたのに
もう。 気力!やる気!根性!
云々の精神論なんかでどうにかなるレベル
ではないとこまできているらしい。。。



激しい気分の落ち込み
物忘れ
ぼんやり
被害妄想
不安
イライラ
イライラ
イライラ
何もかも壊したい衝動
罪悪感
不満
幻滅
その他・・・


荒れ狂う感情に
ミニ パニック状態



困り果てて



そして、疲れた。。。



ここまで酷いのは初めてだ

もう自分の手には負えない


自分の事なのに・・・






紹介してもらったクリニックは
患者の診療時間を確保する為手一杯らしくて
今は初診の予約を受け付けていない というところをお願いして
『待ち時間が長くなるかもしれないがそれでもよければ』
と、ねじ込んでもらうかたちで予約を取り付けた




緊張しながら建物に入る

受付を済ます

ドラッグストアのような白衣の看護婦さんの笑顔で
チョットだけ 緊張が和らぐ
「こちらにご記入くださいね。ゆっくりで結構ですので、あちらで掛けながらどうぞ」


深くかぶった帽子の影から、チラリとその“あちら”を窺って見る


思っていたよりも病院くさくなぁ〜い

総合病院とかと違って個人のクリニックだからかな



待合室には背もたれが大きくて、リクライニング出来るゆったりとした椅子が、絵や壷等の飾ってある壁に向かって並んでいる

それと、ガーデニングというのか・・・花の咲いているベランダに向かって、暖かい色の半月型のかわいい椅子が並ぶ

何処に座っても他の人と顔を合わさないようになっている

なるほど・・・

今のあたしにはとてもありがたい
他人のいるところがちょっとキツイ状態だから。。。





小さくクラシックがかかっていて
まったり 寛げそう


数人が座っている


一見普通のおじさんとおばさん





実は・・・・・もっと


鬱々とした いかにも大変そうな人とか
ブツブツ独り言を言っている人とか
意味もなくただ闇雲にウロウロしている人とか

いたりするのかな。。。と。。。

かなり酷い偏見と、どこで植えつけたのか分からない先入観で《自分の事は棚上げ方程式》を解いていたのだ。

 

不安と焦りと自己嫌悪で
ぐちゃぐちゃになって
訳が分からなくなって
どうしていいのかわからなくて
涙を浮かべて、近所をぐるぐるぐるぐる
歩きまわっていたあたしの方が
傍から見ればよっぽど
不気味だよ。。。





受付で渡されたSDSとか書かれた
択一式のテストのようなものに記入する
だいたい20項目くらいで4択になっている
一番近いと思うところにチェックをつけるわけだけど
どれにもあてはまらないものがあったりして
・・・うーむ・・・と迷いつつチェックチェックチェック
よくある○○診断とかいう心理テストで
遊んでるみたいで結構おもしろい



名前が呼ばれて
体重と脈と血圧を測り 採血


それから暫くして
診察室に呼ばれる


(どんな人だろ。ちゃんと話せるかな。帽子とらなきゃいけないかな。)
なんて思いながら入ると


はたして、そこには優しそ〜うな おっさん。


話し口調もゆったりで ホッとしたのだけど


そのあまりに暢気そうな感じが
(ちゃんと診てくれるのかしら)
と逆に不安になったりして。。。





さっき記入した用紙を見ながら
訊かれたことにポツポツ答える


意味もなく涙が流れる

そんな自分に心の奥で
(何で泣くの?自分がかわいそう。なんて思ってるんじゃないの?
こんなにあたし大変なんです!って訴える為の演出?)
とか思う自分がいる


「抑うつ状態ですね・・・」云々
鬱病の説明を受ける

例え話を入れながら解りやすく説明してくれる

(そんな事はもう知っているよ。知ってはいるけど、どうにもならないから来たんだよ。先生は必ず治るって言うけど、あたしが不安なのはほんとはね。鬱病以前に、脳に障害があるんじゃなかろうか?てことで、その二次的症状で鬱がでているのではないか?ということで、鬱を直せばすべてOKなのではなくて、思い返すと子供の頃から一寸おかしなところがあって、夢遊病で朝起きたら外だった。とか、友達の家だった。なんてこともあったし。16歳くらいからかな。頭の中に変なイメージがあって自分でもどっかおかしいよな〜とか思ってて、でも何がどうおかしいとか、それを知るのが怖かったから視ないようにしてたの。酒や刺激のある遊びで外に目を向けて誤魔化す癖がついちゃって、気づかないうちにそれが慢性化してしまっていて、麻痺してきちゃった。。。じゃあさ、例えば先天性の神経系の障害だとして、それなら一生続く障害で治る病気ではないわけだよね?でも、これまで何とかやってこれたわけだから、今更治す必要もないんじゃないのかな?じゃあ、病名を診断してもらう事が目的じゃないんだよな・・・今、一番大事なのは、とにかく仕事が出来る状態まで回復することで、身体の中で暴れている怪獣をおとなしくさせる事だよな。先ずはうつ状態を治さないとな。そうだ。それで来たんだ。でもこの気持ちをどう説明していいかわかんないんだよね。なんて言えばわかってもらえるかな?っておい!今会ったばかりで、ほんの少ししか会話してないのに、あたしの何を分かってもらえるというのよ。超能力者じゃあるまいし。医者が直接手を施して手術をするわけじゃないんだ。診て貰う事で、自分とちゃんと向き合う事と、歪んだところを見つめ直すために専門医のところに来たんだよな、あたしは。抑圧しているものを、”人に話す”ことで認識しようと思ってここにいるんだよな・・・)

と、いうような考えがドドドッと浮かんでいて
じつはあまり先生の話を聞いていなかったりするのだけど。

要所要所を感覚的に把握するって感じだ


あたしの頭の中は 
まぁだいたいいつもこんな感じで
とりとめのないことやら空想、妄想、その他でそれはもう喧しく
それらの言葉や想いが洪水のようにドドドドドーーーとなっていて
混沌としている

考えもコロコロ変わるし
気分もコロコロ変わる


風向きが変わると
風見鶏のように
フイーッと方向転換





それから
処方される薬の説明を受けた

ルボックスと漢方薬を処方された

このうるさい頭が少しでも静かになって
整理できるようになればいいのだけど・・・

「頭の中がぐちゃぐちゃです」
というような事を医者に言ったら

「考え過ぎはよくないですよ。だいたいそういう時には答えは見つかりませんからね。よくない方へ考えたりして、マイナス思考だなと気づいたら、すぐに考えることを止めてくださいね」
と言われた。

そういわれても直ぐには止まりそうもないんだけど・・・

一度 人に聞かせてみたいよ
あたしの頭の中のおしゃべり
傍目にはボケーッとしてるから
頭の中がこんなにうるさいんだということが
わからないんだろうな
そう考えただけで
もう 
滅入るゎ。。。

言葉ではとても説明できない




「”考える”と”気を病む”というのは似ているようで違うんですよ」
とやさしい口調で諭された

おぉひらめきそうだ。 

確かに違うな!
ぴかぴか(新しい)先生いい事言うじゃーんぴかぴか(新しい)





あたしは、な〜んにもないところで

ただ気を病んでいるだけなのか・・・



う〜む・・・



難儀だな









病院からの帰り道

ホッとしていた


とにかく“病院に行けた”というのがとにかく嬉しかった




お薬をもらった事で
前進するための準備運動ができた感じがする




posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬

2004年10月04日

あがりかけてたのにな・・・

ほんの少し外出しただけで
ものすごく疲れた


妹からの電話も
すぐにはとれなかった

相手を思い浮べ
イメージトレーニング


気持を落ち着けてからかけ直す


大丈夫だ
ちゃんと話せてる



今ならいけるかも?と思い
ママに電話をかけてみるも
留守電。。。


何度もかけなおす気力がない


その前になんて言っていいのかわからない


ひどく眠い。。。




posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬

2004年10月03日

ぶらパチ

ぶらぶらカメラパチリと

カメラを持ってお散歩



そして
その日撮ったものを
パソコンに落とした

・・・・・

筈だったのに


消えました・・・・・ (ノд`。)゚。



「アクセスできません」

と、あたしのパソコン





嗚呼いやだ・・・ (;´д`)トホホ…




posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年10月02日

涙の海

近くの海にいた


波の音を聞きながら
ただひたすら泣いていた


帰ると
やはりというか。。。


そこに居て


「気持悪い」と思った



なぜかそう思った




posted by にしまき at 00:00 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱病・通院・お薬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。