2007年06月05日

Cat Lover

なんだか妙な時間に起きてしまったので
最近、出会ったネコさんを紹介することにします。


まずは。クリニックの帰りに出会った猫さんです。

「何かくれるの?」って感じでジーっと見つめてきました。

おもろまちのネコさん2.jpg

あ!この子、以前(2007年1月29日)
妹にゃんこに乗ってじゃれていた片割れだ。
すっかりお兄さんになっててビックリ!!

おもろまちのネコさん.jpg

今日は妹は一緒じゃないんだなぁ。
と思いながら写真を撮っていると

近所のお姉さんがウインナー片手に近寄ってきて
お姉さん「こんにちはー」「この猫ちゃんかわいいですよねー
と言って挨拶した後、ネコさんにウインナーをあげました。
そして、このお姉さんも
お姉さん「この子の兄妹猫もよく一緒にいるんですよ
にしまき「あ。知ってます。以前写真撮りましたよ
お姉さん「その子妊娠してたんですけど
この間見たらお腹が小さくなっていたので
子供産んだみたいなんですけど。見かけないんですよねぇ

にしまき「えぇっ!この間まで子供だったのに…
お姉さん「あそこの会社で飼われているみたいですよ
と、近くの事務所を指して教えてくれました。


猫好きさんは猫を間に挟むと知らない人でも
すぐに親しく会話が出来るから面白いです。


公園などで写真を撮っていても
「いい写真撮れましたか?」
「私もよくここに猫を見にくるんですよ」
などと声をかけられます。

ただ座ってタバコを吸っている時では有り得ないんですけどね。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



↓この子↓は「天久りうぼう楽市」のユニクロ前で
愛想を振りまいていたカワイ子ちゃん。

楽市ネコさん.jpg

茶トラと鯖トラのミックス具合が面白いです。

いつもここで餌を貰っているのかな?
彼方此方にカリカリが落ちていました。

誰かが飼っているのか、逃げ出して帰れないのかは
わからないのですが、とても毛並みがよくて
お腹に避妊手術をした猫特有のたるみがありました。

楽市のネコさん2.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらは実家の預かりにゃんこの「リョウさん」

窓際のリョウさん.jpg

いつも外を眺めてます。

何を思っているんだろう。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらは↓実家の近くにいたネコさん。

牧志のネコさん.jpg

牧志のネコさん2.jpg

誰かが帰るのを待っているようで
思いっきり「邪魔なんですけど」
という顔をされてしまいました。ひひひ。

牧志のネコさん3.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



そして。久々に登場。「みやおさん」

遊んでください.jpg

外猫だったみやおさんも、すっかりウチの子です。
大家さんには内緒ですけど。

パソコンの前に長く座っていると
「遊んで〜」
と邪魔をしにきます。かわい過ぎます。

どっかり.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



とまぁ。相変わらずの猫キチです。
こういう人のことを「キャットラバー」と言うそうです。

直訳すると「猫を愛する人々」となるのでしょうが
実はもっと深い意味があって
「猫とともに生活することを、人生の一部に組み込んでいる人々」
「猫なしの生活が考えられない人たち」
のことを意味しているそうです。

猫を飼い始めた人が、その日からキャットラバーになるわけでは
ないそうです。それは、猫が人を変えていくには時間がかかるから。
しかし、猫は確実に飼い主の人生に入り込み
徐々にその場所を広げていきます。
そして、人生の一部分を完全に猫に占領された人が
キャットラバーになるようなのです。



「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い
けして媚びず、自分の考え方を大切にする」

という生き方を、あたしは猫に教わりました。
まだまだ未熟者にゃんですけどねー。

リョウの肉球.jpg



posted by にしまき at 07:31 | 沖縄 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記(猫さんいます)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。