2009年02月18日

ネコさん近況

このところ失速気味なブログですが
皆様いかがお過ごしでしょうか

あたしはというと…気分変調が激しく
なんだかジェットコースターな日々です
惰性なる生活からの脱却を図っているのですが…

って。ああぁ。なんだか悶々としてくるので
この辺でネコさんに登場してもらいましょう。。。


++----------------------------------------------++

ハチさん.jpg

まずは毎度〜!仲良しの「ハチさん」です。
他のネコさんは「ご飯のみ」が目的でウチヘ来るのですが
ハチさんは「暇だから遊びに来たよぉ〜」
と言って来ることも多いのです。
テリトリー内なら一緒にお散歩してくれます。
写真写りがたいへん良くて一見可愛らしいのですが…

が!このひとはたいへん気の強いオニャゴ♀でして
他のネコさんが来てご飯を食べようとすると
強烈なネコパンチをお見舞いするので
ハチさんがいる間は他のネコさんは我慢の子なのです。

ハチさん お腹ぽんぽこりん.jpg
ふぅ〜。お腹いっぱいだわぁ
と言ってドテーっと横になっているの図です↑
その少し離れた所から…↓
キュウちゃん 「ジーッ」.JPG
あの乱暴者早くどこかに行かにゃいかしら
と恨めしそうに見つめているのは
ハチさんの姉妹「キュウちゃん」です。
姉妹にも容赦ないネコパンチを浴びせるのです。非情w

ハチが怖くて近寄れないの図
ハチが怖くて近寄れないの図.jpg


++----------------------------------------------++


ふてぶぅとチビッコさん.jpg

し…しっぽ邪魔ぁ!.JPG

この二人は仲良しカップル(?)
ボスの「ふてぶぅ」と「チビッコさん」です。
仲良しと言うよりは、一方的にチビッコさんがふてぶぅに付き纏っているという感じなのですが…
チビッコさんは臆病で弱っちぃのでボスにくっ付いていれば苛められないとわかっていて一緒にいると思われます。
だって、たまにふてぶぅは「ウザイ!」と言っています。
でもね。擦り寄られて明らかにイライラしていてもそのまま。
優しいからなのか、面倒だからなのか、実は「嫌」と言えない…
気が弱いだけなのかはわかりません。。。

そうそう。最近ふてぶぅは「春」でして
「アオアオマン」に変身しています。
朝な昼な夜な「あ゛ぁお゛ぉぉぉ」と巡回。
可笑しいのがアオアオマン変身中に道で遭った時!
「見られてしまった」的な顔をして極まりが悪そうなの。
なんでかなぁ。野生を見られるのは恥ずかしいのだろうか…

ふてぶぅ 「えっ俺のこと?」.jpg


++----------------------------------------------++


ところ変わって国際通りのローソン前。
いつも招き猫のバイトをしている猫さん

てんぶす前のネコさん.jpg

てんぶすネコさん.jpg

ちょっと寄り目がチャームポイント。
それと、エジプシャンマウやオシキャット等の猫種に見られる斑点模様(スポット・タビー)が珍しく、美しいのです。

++----------------------------------------------++

希望ヶ丘公園てんぶす裏にて。
カメラをぶら提げてウロついていましたら
水飲み場に
希望ヶ丘公園 お水ペロペロ.jpg

希望ヶ丘公園 「お水ウマー」.jpg

なんとも美味そうに蛇口から直接ペロペロと水を飲む猫さん
キタ━(゚∀゚)━!

一頻り水を飲んだ後去っていった猫さん

・・・の後にパンクファッションに身を包んだ少年がやって来て
水をゴクゴクごっくん
(あ。今そこで猫さんが…)ま。いっか。知らぬがホットケ。

オレンジ猫さんと間接キスをしたパンク少年を見送った後
なんとも可愛らしい子猫が膝乗りしてきた♪ わーい。

希望ヶ丘公園 膝乗りにゃんこ.jpg

「夕日がキレイねぇ」
膝乗りにゃんこ 「夕日きれいねぇ」.jpg

膝乗りにゃんこ 大あくび.jpg

また遊ぼうね〜!

++----------------------------------------------++

posted by にしまき at 05:28 | 沖縄 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記(猫さんいます)

2009年02月09日

おばあちゃんから学んだこと

1月29日木曜日 15時20分 
私を育ててくれたツルおばあちゃんが永眠いたしました。
93歳。大往生だと思います。


1月25日 日曜日 体調を悪くして病院へ運ばれました。
先生からは「会わせておきたい人に連絡を…」とのことでした。

細かい事は割愛致しますが
それから4日後、静かに眠るように息を引き取りました。
「天寿を全うした」という言葉がしっくりくる感じです


臨終から御通夜、告別式、その他いろいろあって納骨。
初七日が過ぎた頃からは慌ただしさも落ち着き
もとの日常生活が戻ってきました。


その間、本当に沢山のことを考えさせられました。
兄の時もそうでしたが
故人の生き方から学ぶことはもちろん
死から学ぶことのなんと多いことか!

死を考えることは生を考えること

大切なもの、自分がやるべきこと・役割が見えてくる


刹那的快楽主義なあたしでも
ものすごく大きな流れ(うねり?)の中で
「生かされているのだなぁ」と感じずにはいられません

思うと、おばあちゃんの事は今年に入ってから
予兆として「来て」いました。
病院から連絡があった時、「えぇ!?まさか…偶然か?」とドキッとしました。





おばあちゃん。本当にたくさんの事を教えてくれました。
それを肝に銘じて、自分の周りで起こっていること、感じることを大切にしながら生きていこうと思います。
ありがとう。ほんとうにありがとう。

posted by にしまき at 02:13 | 沖縄 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。