2010年02月08日

師走拝み‏(シワーシヌヲゥガミ)

激しく放置しておりました。。。



あけましておめでとうございます。ハイサイ グスーヨー チュゥウガナビラ。
ハロー。アロハ。アンニョン ハセヨ。ナマステー。ボン ジュール。ニイハオ。
ジャンボー手(パー) イェーイ
世界の皆様、アジアの端からこんにちは。だぅも。にしまきです。



2月7日(日)は旧暦の12月24日で年末の火の神昇天
「御願解き―ウグヮンブトゥチ―」でございました。

日頃お世話になっている身近な神様、ヒヌカン(火の神)が天に帰り
天の神様に家庭で起こった一年間の出来事を報告する日なのです。



たいして忙しくもないくせに、毎日がなんだか慌しく過ぎて行く。
本当に時間は皆に平等に流れているのだろうか?と思えてしまう。
1日24時間、皆と同じ?あたしだけ足りなくない?
時間の使い方がへたなのか
無駄な時間ばかりすごしているのか。。。むぅ〜ん



猫にかまけている時間が多すぎるのか。。。そっか!。。。解決!



なんてな事を思いながら一年を振り返りつつ
朝からお供え用のウチャヌク(三段重ねのお餅)や果物を準備して
家や火の神まわりを掃除しました。



去年は大変な年だったけれども、不幸、災いだと思っていた出来事も
解消できた今となっては、すべてに学ぶべき事があり、得るものがあった。
そして沢山嬉しい事、おめでたい事があって、感謝。反省。感謝。感謝。



シディガフー(与えていただいた果報に感謝)に感謝して
ウグヮンブトゥチ(御願解き)をいたしました。


御願解きというのは、この一年間にヒヌカン(火の神)にお願いした事をリセットすることです。
祈願がたまりっ放しでは神様も大変ですからねぇ。
成就した事に感謝して、まっさらにして天に帰ってもらい
新しい年には(旧暦の1月4日)パワーアップして返ってきてくださいと拝みをするのですな。


沖縄の風習をあちこちから拾いつつ勉強しながらやっていますが
実はあたし自身、それほど信心深い訳ではないのです。
じゃぁ、なんで一生懸命やっているのか?

ともすれば日々の生活に忙殺されて、感性が鈍り
感謝する事や失敗に鑑みることを忘れそうな時に
このような行事や風習から教わるものがあると思うから。

誰だって自分や家族や身の周りの人の幸せを願うものでしょ?
でも心静かに祈る時間を作るのは難しい。あたしはすぐ忘れちゃう。

どんな形でもいいとは思うんですけどね。
寝る前に一日を振り返り感謝する人もいるし
朝起きた時にお日様に手を合わす人もいるし
なんでもかんでも「ありがたや〜」と言って拝む人もいるしw

「手を合わせるとそこに神が立つ」というからそれでいいんですよね。

あたしは沖縄に生まれ育って、この土地の独特の風習の中で育ったので
どうせやるなら昔からのしきたり通りにやりたいと思うのですよ。
道理通りのことをする。それが一番楽で、得な生き方。」それです。



あらやだ。なんかくどい



でもね。この後はもっとクドイですよ。
スルーするぅ?



さて。よくこのブログに「火の神」「御願解き」「やり方」「グイス(祝詞)」「線香の本数」「お供え物」等々の検索で訪れる方がいます。

あたしもよくわかりませんw

御願のやり方は地域や家庭によって違いますし、これは間違い、これは正解!というのはないと思いますが…

あたし自身、ネットで調べても今一つわからなかったり、本もいろいろ出版されていますが、皆、微妙に違う…等で困ったり悩んだりしたので、「ウチの場合はこうしてます」というのをできるだけ記しておこうと思っています。
でも、画像はありません。なんだか…撮る気にならないのです。
「ビンシー」「ヒラウコー(沖縄の線香)」「シルカビ(白紙=習字紙)」「ウチャヌク(御茶の子=大中小の3個のお餅)」「ウブク」等は検索すると画像は探せると思います。本も出てますし。



●まず時間帯ですが、「屋敷の御願」は午前中に。
ウグヮンブトゥチ、ヒヌカン昇天は夕方の陽のあるうち(アコークロー)の時間帯が良いそうです。

今年、ウチのトートーメー(先祖)とヒヌカン(火の神)の香炉の灰がいっぱいになっていたので
屋敷の御願と香炉の掃除(灰の一部を処分)を午前中にして
御願解き、火の神昇天を遅い時間(4時くらい)にやりました。

.............................................


【12月の屋敷の御願】

●準備するもの●
・ビンシー(仮ビンシー)
・線香12本3本(15本線香)×3
・白紙ーシルカビー(クバンチンまたはスクブチとも言います)3枚が1組×3
上記の↑線香とシルカビが1セットとして、うちは集合住宅なので
ヒヌカン、玄関、トイレように3セット、最後のヒヌカン用に15本線香3組
※一軒家の場合はもっと多いのですが割愛します


●まわる順序●
8月、12月の屋敷の御願は北を起点に反時計回り(左回り)
2月の屋敷の御願は右回り
※右回りは「良いものを入れる」左回りは「悪いものをはずす」そうです。瓶のふた等と一緒です。

ヒヌカン→玄関→トイレ→ヒヌカン

●手順
・拝みはヒヌカンから、香炉の前にシルカビを並べる。
・ビンシーは香炉の前に。
・線香に火をつけて香炉に立てる。
・御願(グイスをあげながら)をしながら、ビンシーの米、洗い米、塩、酒、水をヒヌカンのそれぞれの器に入れる

ビンシーセットと線香とシルカビを持って玄関へ
・ビンシーセットを置き、前にシルカビを並べ、その紙の上に線香を置く
※ヒヌカン以外の場所では火をつけない
・グイスをあげて、米、洗い米、塩、酒、水をシルカビと線香の上に置く(かける)

トイレも玄関と同様に

最後にヒヌカンに戻って線香に火をつけて立て、無事に「屋敷の御願」が終わったことを報告。


※※拝み終わったシルカビ、線香は家の中に置かないで外に。ゴミの日に出します。


●12月の屋敷の御願・シディガフウのグイス例●

サリ、アートートー、ウートートー
(自己紹介)住所と干支と名前をつげる
12本3本の線香、3バングヮンヌ9バンチン(シルカビ)、清らかな水、輝くお米と、お酒、塩をお供えいたしまして○○家のお願をを申しあげます。
天の神様、地の神様、火の神様、竜宮の神様、十二支の神々様、北・東・南・西の神様、門の神様、戸柱の神様、床の神様、便所の神様、この家屋敷をお守りくださいましてありがとうございます。
どうぞ、これからも、この家屋敷に魔物、病魔、他人の災いが来ませんようにお守りください。
今年1年お守りくださいましてありがとうございます。おかげさまで家族揃い健康で無事に過ごしました。
来る新しい年もよい年でありますようにお守りください。
言葉の不足や失礼は未熟者ですのでお見逃しください。
サリ、アートートー、ウートートー


.............................................


【香炉の灰をとる】

香炉の灰がいっぱいになっている時はヒヌカン昇天の御願の前に灰を分けましょう。
香炉の掃除はウグヮンブトゥチや七夕に行うそうです。
それ以外の日で灰がこぼれたり、油で汚れた時はその都度理由を言って掃除しますが、うかつに捨ててはいけないそうです。

・香炉の灰を移す器を用意
・スプーン等でできるだけ底の古い方から灰をすくい移す
・分けた方の灰に3本線香に火をつけて立て、線香が半分くらい燃えたところで
「香炉から灰があふれた為分けさせてください。この線香3本にお乗りになって、香炉本体へお戻りください」と唱え火のついたまま器から抜いてその上でゆっくりと線香を左回り(反時計回り)に3回まわし、本体の香炉に立てる

※処分する灰には塩と酒をかけて、人が踏まない木の株下や植木等に入れます。これでOK。

.............................................


【御願解きーウグヮンブトゥチー】【ヒヌカンの昇天】

●事前の準備●
・ヒヌカン周辺の掃除をして、香炉の中もきれいにします。
・お供え物は新しく取り替える

●準備するもの●
・線香12本3本(15本線香)×3 と、3本を7組
・白紙ーシルカビー3枚が1組×3
・ビンシー(または仮ビンシー)
・ウブク(赤ウブク)3つ

●御願の手順●
・香炉の前にシルカビを並べ、その上にウブクをお供えする
・ビンシーをヒヌカンの前に置く
・15本線香3組に火をつけ、立てながら御願(グイス)を唱え始める ※御願解き
・グイスの「7段の橋」のくだりから、3本線香に火をつけ、香炉に1組ずつ立てていく ※ヒヌカンの昇天
・前の線香が消えない内に次々と今年の感謝とお迎え時の祈願を述べながら立てていく。天への階段をかけるイメージで
※昇天の時左から右に立てたら、お迎えの時は逆に右から左に立てるようにしましょう。


●御願解き(ウグヮンブトゥチ)・ヒヌカンの昇天のグイス例●
サリ、アートートー、ウートートー
(自己紹介)こちらは○○○番地、○○年(干支)生まれの○○○○(名前)の住む家屋敷です。
今日の良き日に、私、○○(干支)年の○○○○(名前)が御願をさせていただきます。
今年○○年(干支)の感謝を心より申し上げます
家族が健康でまわりとの和を持って過ごさせていただき、ありがとうございます。
年末にあたり、今年一年にあげました祈願を下し、まっさらにしてください。
なにぶん未熟なものですから失礼はあったと思いますが、この拝みで許して下さいますように。
来年は今年以上に、家族の為、世の人の為に力を注ぎます。
清らかな米、水、お酒をお供えし感謝申し上げます

これから、天へ七橋をかけさせていただきます
昇天されましたら、天には○○家の良い事をご報告ください
不足があれば火の神様で補ってくださいますように
また、年が明けましたら天より今年に勝って福の神、徳の神をお連れになってお戻りください
心よりお迎えいたします
サリ、アートートー、ウートートー

.............................................


と、まぁこんな感じです。

わかる?わかんない?
どうなの?あってるの?


ま。いっか。


心をこめて皆の健康と幸せを願う
この時間が大好きです



サンキュー。グラーッツェ。スパシィーバ。メルスィーボクー。ダンケシェーン。テレマカシー。シェシェ。オブリガード。カムサハムニダー手(グー)。世界の言葉でありがとう!にふぇーでーびたん ぐぶりーさびら手(パー)



posted by にしまき at 00:02 | 沖縄 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。