2009年01月19日

ウグヮンブトゥチ(御願解き)と火の神の昇天

今日は旧暦の12月24日でクリスマスイヴ…ではなくて
ウグヮンブトゥチ(御願解き)と、火の神の昇天をお手伝いします。

火の神様が天に帰り、家庭で起こった一年間の出来事や功罪を天の神様に報告するのだそうです。
そして旧暦の1月4日に戻られます。
帰省みたいなもんですかね。


以前にも書いたことがあると思いますが
沖縄の台所には火の神様が祀られております。

家庭で起こる出来事は真っ先に火の神にご報告しますので
一番身近でもっともお世話になっている神様です


ウグヮンブトゥチ(御願解き)
ではこの一年の成就した事を感謝し、年頭からのお願い事を解きます。

火の神が昇天し天の帝に良いことのみをご報告するよう御願して、新しい年には力を増してお戻り下さいと拝むのです。


やり方としては
まず屋敷内を清め、火の神周辺の掃除を済ませ、香炉もきれいにします。
チャーギ、お水、塩、お酒も新しいものにかえます。

準備するものは
●白紙(習字紙)三枚重ねたものを横に折り、それを縦に四等分にしたもののうちの三組を使います(三枚一組を三組)これは帳簿になります。

●お線香は12本3本の「十五本御香を三組」と「三本御香を七組」
十五本御香で御願を解き、三本御香七本で天への七橋を架けて昇天させます

●洗ったお米(水で7回すすいだお米)



◇ はじめに十五本御香を供えて、年頭でお願いしたことを下げ、今年1年無事に過ごせたことへの感謝の祈りをします

◇ 三本御香を前の線香が消えない内に次々と横並びに供えます。ひとつ立てるごとに祈ります。橋をかけるイメージで。




■ ウグヮンブトゥチのグイス(祝詞)例 ■
サリ、アートートー、ウートートー
(住所と干支と名前)を告げます。
今年(干支)年の感謝を心より申し上げます。
年頭にあげました願いは神々のお力をいただき叶えていただきました。
なにぶん未熟者ですので失礼はあったと思いますが、この拝みで許してくださいますように。
来年は今年以上に、家族のため、世の人のために力を注ぎます。
清らかな米、水、酒をお供えし感謝申し上げます。
これから天へ七橋をかけさせていただきますので昇天されましたら○○家の家庭円満、1年中平和でよい家庭であったとご報告してください。不足があれば火の神様で補ってください。
また、年が明けましたら天より今年に勝って福の神、徳の神をお連れになってお戻り下さい。心よりお迎えいたします。
サリ、アートート、ウートートー




とまぁ。こんな感じなのですが
御願の時のグイス(祝詞)に決まり事はないので
気持ちを込めて祈ればよいのだと思います。



さて。
25日がトゥシヌユルー(年の夜)大晦日で
26日が旧正月
29日が旧暦の1月4日で火の神の迎え
2月3日は旧暦の1月9日「七日の節句」雑炊をお供えします
2月10日はジュウルクニチー(十六日)「グソー(あの世)の正月」
と。盛り沢山ですよ。



先日、沖縄の神事に詳しい女性とお会いしたのですが
とても褒めていただきました。
「あなたはちゃんとやっているから大丈夫だねぇ」「だぁ見てみよう」
といって背中に手を当てて何やらブツブツと言っておりました。その後
「はっさ、上等!あんたは元気さぁ」と太鼓判を頂きましたよ。ヤッター
あと「あんたは男になっているよぉ」とかいろいろ面白いことを言っておりましたw確かにあたしオッサンみたいだw


判らないなりにも勉強しつつ拝みをしているのですが
正しいやり方、間違ったやり方というのがあるのかどうか。。。

願いは叶う!想いは届く!と信じているので大丈夫でしょう。



最近はとても良い縁に恵まれていまして
素敵な出会いや再会があってすごく充実しています。
火の神様やウヤファーフジ(ご先祖様)に感謝です。


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━

参考図書






posted by にしまき at 17:58 | 沖縄 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄
この記事へのコメント
ウグヮンブトゥチでしたね。。。

ここに書かれているコトと同じコトをここのおばぁがやっているのを見たことがあります。 
店の入り口や家の入口でも唱え事をしてました。
 
子孫の安泰を次世代へ受け継ぐ為の大事な行事なんだなぁと思って見てました。 

『念』は必ず通じる事もひしひしと感じます。


そこで改めて自分の未熟さや、必要な考え方を思い知らされる時に感謝の捻を抱きます。 


自分の生まれ育った環境をスゴく誇りに思ってます。。。 

Posted by Decoboko at 2009年01月21日 00:47
Decoboko 様

そそ。本当はね。ウグヮンブトゥチの前に屋敷の御願をするのですよ。借家なので今はそこまで厳密にしなくても大丈夫と言われたのですが。。。今後勉強します。
無知や習慣の違いやいろいろな事で疎かになってしまっていたものを少しずつでも補って、解きほぐしていけたらと思っています。
こういう行事があるおかげで、背中がピッとする。
感謝する。反省する。勉強する。謙虚な気持ちになる。ということを気付かせてくれます。ありがたや。
Posted by にしまき at 2009年01月21日 04:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/112854355
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。